KRANK KRANKENSTEIN 修理

KRANK KRANKENSTEINの修理を行いました。

このアンプは泣く子も黙る、ダイムバック・ダレルのシグネイチャーモデル。

オーナー様曰く、中古で購入した時からノイズが多かったのですが、数ヶ月前に膝くらいの高さから誤って落としてしまい、より一層ノイズがひどく音圧も下がってしまったとのこと。。。

確かに落下させた形跡が見られます。

受入チェックの段階で、ゲインを上げていくとある時点から激しく”発振”のような症状が発生し、パワーがガクッと落ちてしまします。

発振・ノイズを抑え込む方向で作業を進めました。

真空管テスタでチェックするとハイゲインチャンネルのプリ管3本が激しく消耗していました。初段にノイズに強いタイプの真空管を入れます。

メイン基板のハンダを修正します。落下の経緯があるので真空管ソケット、その他のハンダも修正。

更にシールド線が無駄に長く、発振・音質劣化の原因になるので短く作り直しました。更に各グランド配線もキチンと接地されているか全て確認。

<BEFORE>

<AFTER>

これで大分ノイズ、発振もおさまりました。

こちらのアンプ、基本回路はほぼREVOLUTION1ですが、最終段で更にゲインを約4倍に持ち上げています。KRANK KRANKENSTEINのマニュアルで面白い記述を発見しました。

「常にマスターボリウムよりチャンネルボリウムを下げてください」

元々チャンネルボリウムを上げすぎると発振しやすい回路なのかもしれません。。。

各部のクリーニング、真空管ソケットクリーニングをして、バイアス調整、6時間のランニングテストをして修理完了です。

オーナー様にも大変喜んでいただきました。ありがとうございます。

一点、こちらのアンプのpresenceは一般的なアンプのpresence回路と異なり、下げ過ぎると出力も下がってしまい、音抜けが格段に悪くなります。出来るだけ上げる(5−8くらい)と音作りしやすいかもしれません。

ご参考までに。

グレコ リッケンバッカー修理&調整

グレコのリッケンバッカータイプベースの調整を行いました。

ノイズが発生し、ボリウムガリも多かったので、内部配線を全部やり直しました。

ポットをCTS製、ジャックをスイッチクラフト製に交換。ピックアップセレクタも動作に支障が出てたので新品に交換しました。

またかなり年季の入った弾き込まれたベースだったので、各金属パーツを全て外してクリーニングしました。

最後にひと通りのセットアップ(ネックの反り、弦高、ピックアップ高、オクターブ調整)をして完成です!

非常に弾きやすく、ビンビン鳴るようになりました!思い入れのある楽器のメンテナンスはモチベーションが上がります。

KRANK Revolution1 修理

KRANK Revolution1の修理を行いました。

オーナー様曰く、このアンプは中古で手に入れた時から、ゲインが上がらず音量がとても小さいとの事。。。

まずは真空管テスターにて各真空管をチェック。プリ管4本のうち3本はかなり激しく消耗していました。

さらに回路を追っていくと、リアパネル基板のジャックスイッチ接点が甘く、ゲインが落ちているのを確認しました。純正のNEUTRIKジャックを全て新品に交換。

またインプットジャックのアース接点が悪く、ジャック差込時にガリが出てたのでここも修正しました。

オーナー様のご要望で、プリ管4本全て新品に交換。
各部クリーニング、真空管ソケットのクリーニングを行い、バイアス調整、6時間のランニングテストをして修理完了です。

真空管も新品のためゲインもしっかり上がり、低域が分厚く非常に心地よいです。ついついザックザクのリフを刻みたくなりますね!

BLACK STER 修理&モディファイ

BLACK STAR S1-100の修理及びモディファイを行いました。

スタジオ使用中に突然音が出なくなってしまったとの事。。。

真空管テスタで一本づつチェックすると、パワー管が一本飛んでしまってました。

出力管をTAD EL34B 4本マッチドに交換です。

このアンプ、電源オンと同時に、パワー管のプレート、スクリーングリッドに500V近い高圧がかかります。スタンバイオンのタイミングで適正バイアスがかかる仕様のようです。

このままだと新品のパワー管にかなり負担がかかりそうなので、スタンバイオンのタイミングでプレート、スクリーングリッドに高圧が掛かるように変更しました。

新品の真空管なので、仮バイアス調整して音出し。

2時間後に再度バイアス調整をして、6時間の音出しランニングテストをして完成です。

出音もいい感じです!!

ATELIER Z フレットレスベース

本年はATELIER Zのフレットレスベースのリペアからスタートです!

かなり弾き込んだベースです。
ナットが限界まで削れて指板面とツライチまで落ちてしまってるので、ナット交換します。

ちょっと高級なオイルナットを用意。

元のナットを外し、ナットスロットの底面をフラットに整えます。
ナット底面もフラットに仕上げ、極少量のアロンアルファで取り付け。使用する弦の太さに合わせて各溝を調整していきます。

金属パーツがかなり汚れてサビも出てるので、全て取り外し洗浄しました。

最後にセットアップ(ネックの反り、弦高、ピックアップ高、オクターブ調整)をして完成です。

ナット交換したので解放弦のビビリも無くなり、鳴りが全然良くなりました。

DIEZEL VH4 修理&メンテナンス

DIEZEL VH4の修理メンテナンスを行いました。

こちらのアンプはドイツ製、内部の造りが非常に素晴らしい!職人さんによる配線の美しさにウットリしてしまい、ついつい写真を撮ってしまいます。

img_2532

トラブル内容は、、、常時ガサガサとノイズが出るとの事、マスターを絞るとおさまります。。。

原因はプリ真空管の不良でした。全真空管をテスターでチェックすると他のプリ管も随分消耗していたので全ての球をTAD 12AX7に交換。

img_2687

パワー管のバイアスがかなり浅かったので(EL34で40mA前後)、音を確認しながら適正値にセットしていきます。

ノイズもおさまり、以前よりゲインも上がり、歪みも深くて非常に心地よい!オーナーさんも早速スタジオで音出しし、大変満足して頂いただきました。

DIEZEL 非常に造りが良く素晴らしいアンプですね。

Marshall 1959 Master Volume増設

マーシャル1959  76年製アンプのメンテナンスとマスターボリウム追加モディファイを行いました。

6550仕様のアンプでしたので、EL34仕様に回路定数を変更。このアンプは大音量になるまでボリウムを上げないと本来の歪みが出てきません。歪みを保ったまま音量を落とせる様にPPIMVタイプのマスターボリウムを追加しました。

img_2510
コレで自宅でも楽しめます。

更にオーナーさんのご希望でパッチケーブル無しでチャンネルリンクが出来るようにインプット回路を変更、内部リンクしました。

真空管のチェックと内部の各電圧などをチェック、シャーシに粉のようなカビ?が発生してたので、磨いて落としピカピカに生まれ変わりました。

img_2511

さすがオールドマーシャル、非常に良い音がしますね!

追加したマスターもシッカリ歪みを保ちながら音量を絞ってくれています。

古いアンプはシッカリとメンテナンスをしてあげると生まれ変わります。最高に気持ち良いアンプに仕上がりました。

ザックワイルド・シグネイチャーZW-45 ワウ モディファイ

ワウのモディファイを行いました。

ZW-45ザックワイルドシグネイチャー。
かなり下からエグくワウが効いてきます。このままだとファンクなどにはクセが強すぎて使いにくいので、トグルスイッチでFunkモードに切り替えられるようにモディファイしました。

img_2218

更にトゥルーバイパス化、青LEDを追加、コネクタ部を取り外し配線類も変更しました。

Funkモードもシッカリ”使える音”になるように仕上げてあります。

<MOD内容>

  • トゥルーバイパス化
  • 青色LED×2個 追加
  • IN\OUTジャックをスイッチクラフト製に交換
  • 内部基板のコネクタを除去し、直配線に変更
  • オーソドックスなCryBabyWahとしても使えるようにキャラクター切り替えSW(Funk モード)を増設

サンプル動画

トム・アンダーソン フレット調整

トム・アンダーソンのフレット擦り合わせ作業を行いました。

擦り合わせといっても全体ではなく1・2弦のハイフレットのみ。
17フレットあたりがかなり減っていて、ビビりと言うよりも音詰まりしてしまう感じです。

よく使うフレットはどうしても減りが早いので、低くなってしまったフレットに合わせて、それ以降を多めに落として行きます。

img_2002

直線が出たらフレットを整形して磨きあげます。

img_2005

ついでにボリウムポットも交換。ノブが金属製なのでナイロンシャフトのCTSポットを使用。

ポットのトルクが強く、ボリウムを回しにくいとの事でしたので、ポットを分解しポットが軽く回るように調整しました。

img_2042

セットアップ(ネック反り、弦高、ピックアップ高、オクターブ)をして完成です。ハイフレットのビビリもおさまり、見た目もピカピカになりました。

しかしこのギター、生でも非常に良く鳴ってくれます。弾き込んだギターは1度調整すると生まれ変わりますね。

マーシャル ARTIST30 4203修理

マーシャルのARTIST30の修理を行いました。
プリはトランジスタ、パワーアンプが真空管のハイブリットアンプです。

このアンプは演奏中にヒューズが飛んでしまったとの事。。。真空管は新品に変えたばかりらしいです。

早速、アンプを開けて確認してると、高圧の整流ダイオードがショートしてました。

更に、このアンプはバイアス調整トリマがなく、現状では電流が多く流れ過ぎてます。そこでバイアス調整トリマを追加。

またスタンバイスイッチON時にバイアス電圧が立ち上がるため、ほんの数秒間、過大なプレート電流が流れています。これだと真空管にかなりストレスがかかるので、電源ON時からバイアス電圧が掛かるように電源回路を修正しました。

img_2062

バイアス調整をして、4時間のランニングテスト。

オーナーさんにも大変喜んで頂きました。ありがとうございました。