history プレシジョンベース フレット調整

History プレシジョンベースのフレット擦り合わせを行いました。

使用頻度の高い3、5、7、9フレットが激しく消耗し、凹んでしまっているためビビリがかなり出ていました。。。

ネックジグにセットし、弦のテンションをかけながら擦り合わせを行います。1番低くなっているフレットに合わせて、全体的にフレットを落として行きます。

綺麗な直線が出たところでネックジグから外し、台形状に削れたフレットの頭を丸く仕上げて行きます。

さらにサンドペーパー#600、#800、#1000、スチールウールで直線を崩さないように注意しながら磨き上げます。

擦り合わによりフレットが全体的に低くなります。その為ナットが相対的に高くなるのでナット調整も行いました。

最後に新品弦を張り、全体調整(ネックの反り、弦高、pickup高、オクターブ調整)をして完成です。historyのネックは非常に作りが良く、作業が捗りました(o^^o)

オーナーさんにも喜んで頂けました。

================================
真空管ギターAMP修理&メンテナンス
■ ACTIVE PG 八王子

pachacamac-guitars.com
pachacamac.guitars@gmail.com
TEL 042-698-4412 (火・金定休)
================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です