PRS カスタム24 フレット摺り合せ&ナット調整

ポールリードスミス カスタム24のフレットすり合わせ、ナット調整を行いました。

IMG_6404_R

フレットサイドを丸く処理、フレット浮きが無いかチェックしてからすり合わせに入ります。

2,3弦の12-14フレット周辺がかなり減っていたので、ここに合わせて他のフレットを全体的に落としていきます。

IMG_6412_R

開放弦が完全に鳴りきっていない感じだったので、ナットの高さを調整しながらナット溝を整形。弦の形状とぴったりになるように整形していきます。

ナット上面の高さがかなりあり、ナット溝を整形する際に邪魔になるので、上面をヤスリで落としていきます。この後#400、#600、#800、#1000の順にペーパーで磨き、研磨剤で仕上げます。

IMG_6422_R

最後に弦高、ブリッジなど一通りのセットアップをして完成です。

IMG_6421_R

特定フレットでのビリツキもなく、生音でも気持ちよくなってくれるようになりました。毎度思いますがPRSのギターはネックの造りが素晴らしく良いですね。

オーナ様にも大変喜んでいただきました。

===============
 真空管ギターアンプ修理
  ACTIVE PG
八王子・ギターアンプ・リペア
http://pachacamac-guitars.com
===============

Cry Baby ZW-45 (ザックワイルド シグネイチャー)MOD

Jim Dunlop Cry Baby ZW-45 ザック・ワイルド シグネイチャーモデルのモディファイを行いました。

IMG_6342_R

エフェクターのON・OFFの視認性を高めるタメ、青色LED×2個追加。

またトゥルーバイパス化に伴い、エフェクトレベルが小さく感じたため、エフェクト音量の調整を行い、原音・エフェクト音のバランスを整えました。

IMG_6314_R

内部配線の変更によりZW-45モデル特有の低域の強いクセも、より粘り・太くクリアに!

また使い勝手を考え、通常のファンク・ワウとしても使用できるように、”Standard Wah”モードを追加し、内部回路をトグルスイッチで切り替え可能としました。

”Standard Wah”モードも、バンドで埋もれないように高域を調整、『使える音』に仕上げています。

<MOD内容>

  • トゥルーバイパス化
  • 青色LED×2個 追加
  • IN\OUTジャックをスイッチクラフト製に交換
  • 内部基板のコネクタを除去し、直配線に変更
  • オーソドックスなCryBaby Wahとしても使えるように、キャラクター切り替えSW(Standard Wah モード)を増設
===============
 真空管ギターアンプ修理
  ACTIVE PG
八王子・ギターアンプ・リペア
http://pachacamac-guitars.com
===============

デュアルレクチ LED&パイロットランプ点滅MOD

 
メサブギー・ディアルレクチ3ch ソロヘッドのLEDモディファイを行いました。

IMG_6169_R

以前の作業ブログを拝見いただき、ヘッドキャビネット内に青色テープLEDを組み込む、ブルーレクチ化のご依頼をいただきました。

IMG_6177_R

またお客様のご要望で、パイロットランプを青色LED化し、スタンバイ状態で点滅、動作状態で点燈となるような回路を組み込みました。
※ディーゼルのハーバートアンプをイメージ。

その他にチャンネルランプ3箇所、フットペダルランプ5箇所の青色LED化を行いました。

またサウンド面でのご相談を受けましたので、真空管テスターにて現状管の状態をチェック。

IMG_6152_R

パワー管、整流管はまだまだ使えそうでしたが、プリ管5本がかなりヘタっていたため真空管の銘柄をご提示し、プリ管の交換を行いました。

半日エージング後に音出しチェックをしたところ、音のハリも良く輪郭のしっかりとした音に仕上がりました。

IMG_6130_R

オーナー様にも大変満足していただきました。

===============
 真空管ギターアンプ修理
  ACTIVE PG
八王子・ギターアンプ・リペア
http://pachacamac-guitars.com
===============