テレキャスター フレット摺り合せ

オールマホガニーのテレキャスターのフレット摺りあわせです。

67933_429555830469634_2145637870_n

 

このギターはマホガニーネック、マホガニーボディーにP90が乗っているギターです。

523414_429555843802966_628748875_n

まず摺り合せの前に、フレットサイドが浮いている部分がかなりあったので、フレット浮きの修正作業から始めます。ここの処理が仕上がりに大きく影響してきます。

602183_429555857136298_952779688_n

フレット摺り合せを行い、フレットがビシッとそろっています。

305995_429555877136296_2026579996_n

後はフレットの高さを崩さないように、ペーパーやすり#320、#600、#800、#1000で順番にフレットのカドを丸く仕上げていきます。

最後に金属研磨剤で磨き上げたらマスキングをはがし、各部のセッティングをして完成です。

処理前はフレットの浮きがかなりあったので、ところどころで音のビビリ、詰りが発生していましたが、摺り合せ後は全部のフレットできっちりといい音で鳴ってくれています。

===============
 真空管ギターアンプ修理
  ACTIVE PG
八王子・ギターアンプ・リペア
http://pachacamac-guitars.com
===============