「アンプ・モディファイ」カテゴリーアーカイブ

1987Xリイシュ モディファイ

Marshall 1987Xリイシュのモディファイを行いました。

モディファイ内容は下記を行いました。

  • マスターボリウム増設(TYPE A + B)
  • 回路変更(72年回路へ変更)
  • コンデンサ交換(マスタードレプリカ)
  • CH1+CH2 内部チャンネルリンク
  • 5881からEL34へ出力回路の変更

オリジナルのコンデンサを外し、ドイツ製マスタードレプリカへ載せ替え。これだけでもミッドレンジに独特のクセが出てて、オリジナルの雰囲気へかなり近づきます。

「よく歪むようにしたい」とオーナー様のご希望でしたので72年頃の歪みの強い回路に変更いたしました。

そしてPPIMV式マスターボリウムと通常のマスターボリウムを追加しました。

TYPE BのPPIMV式マスタボリウムは歪みを保ったままアッテネータの様に効いてくれます。自宅やバンドアンサンブルで非常に効果的です。

またTYPE Aの通常マスターボリウムは”VOLUME”ツマミと合わせて歪み量や音色を細かくコントロールできます。

両コントロールとも使わない時はPUSHするとボリウム回路を完全にバイパスすることができるので音質劣化がありません。

更にCH1とCH2をチャンネルリンクで使用されるお客様からご要望の多い、”内部リンクモディファイ”を行いました。

通常チャンネルリンクを行う時は、CH1のHIにギターをINPUTしCH1のLOWからCH2のHIにパッチケーブルを繋ぎチャンネルリンクをします。しかしこれだとCH1の音が劣化してしまうのは皆様もご存知だと思います。

その対策としてY字ケーブルを使用してCH1のHIとCH2のHIにINPUTします。しかし自分好みのY字ケーブルがなかなか見つからず悩んでいる方々のために、内部ジャック端子を直接リンクするモディファイを行なっております。

このモディファイでは常時CH1とCH2がミックスされます。ですのでCH1にINPUTすれば両チャンネルのコントロールが効いてくれます。

最後に1987リイシュには出力管が5881仕様のものが多くあります。これを単純にEL34に差し替えてbias調整しただけでは本来の音になりません。それどころか熱暴走をして大切な真空管を壊してしまう恐れがあります。キチンと出力回路をEL34仕様にする事が望ましいと考えております。

ご参考までにどうぞ。

レクチ Send/Return シリーズ(直列) MOD

メサブギー・レクチシリーズのSEND/RETURNをシリーズ(直列)接続にするモディファイを行いました。

このアンプはデフォルトではセンドリターンがパラレル(MIX)で接続されるため、MIXツマミを最大にしても、原音が少し混ざってしまいます。
空間系エフェクトでしたらそれほど問題は有りませんが、コンプ系やEQを挟み込んだ場合エフェクターの効きが甘くなってしまいます。

そこでMIXツマミをスイッチ付ポットに交換し、PULL時にシリーズ(直列)接続になるようにモディファイいたします。

PUSH時:パラレル接続(オリジナルの動作)
PULL時:シリーズ接続
既存のMIX機能をそのままにシリーズ接続が可能になります。
オーナー様にも大変ご満足していただきました。

 

JTM45 リイシュー ハンドワイヤードMOD

JTM45 リイシュー 2245 ハンドワイヤード化モディファイを行いました。

このアンプはプリント基板にて組まれていて、定数もオリジナルから変更されています。また入力ジャックから初段までの配線にシールド線が使われている為、高域をロスしてしまっているようです。

プリント基板を取り外し、配線からやり直しました。

各定数はオリジナルに忠実に、各パーツも一つ一つ出音を確認しながら厳選して組み込んであります。

暖かくもしっかりと歪み、また低域のブーミーさを程よく残しながら”バキーン”と非常に歯切れの良い音に仕上がっています。

またリアパネルに増設したPPIMV式マスターボリウムにより、しっかりと歪みを保ったまま自宅で楽しめる音量まで下げる事ができます。※マスターツマミをPULLすると、マスターは完全にバイパスされオリジナル回路となります。

スタジオやライブなどでも歪み量を変えずにバンドに求められる音量まで落とす事が可能です。

MESA STILLET EL346L6GCへ載せ替え

メサ・ブギー STILETTO 150W ヘッドアンプのモディファイを行いました。

このアンプは150W出力、パワー管にEL34を6本使用します。

オーナーさんのご希望でGT社 6L6GCに載せ替えました。

そのままでは安定して動かないので、各部定数を6L6用に変更。更にbias回路を作り変えました。

メサのアンプはbias調整出来ないものが多く、純正管をさしただけではかなりbiasが深くなります。
今回はbias調整が可能なように調整トリマを追加しました。
キッチリとbias調整をして完成です。

 

Marshall 1987X ハンドワイヤード MOD

Marshall 1987X リイシューのハンドワイヤード化モディファイを行いました。

1987の復刻版1987Xはプリント基板が使われています。コレをハンドワイヤード化してより太く暖かく有機的なビンテージサウンドになるように仕上げます。

一度全てのパーツをバラして、電源配線、ヒーター線を引きなおします。

使用するパーツを考慮して基板レイアウトを設計し、基板を作成します。作成した基板に厳選したパーツを丁寧に取り付けていきます。


この基板をシャーシに組み込み、各部配線を一本一本手作業で行います。

全ての配線が終わったら、各部の電圧チェック。異常がないことを確認し、インプットに信号を入れてオシロスコープで出力波形の確認、バイアス調整をして完成です。

マーシャルのプレキシと呼ばれるアンプは年代によって内部回路が少しづつ異なり、音の傾向が変わってきます。
今回作った1987は68年製くらいの歪み感が強くなり始めた頃のプレキシを意識して作成しました。

また追加スイッチにより内部回路を切替え、72年製の激しいサウンド、つまりAC/DCアンガス・サウンドを再現するモディファイを加えました。

やはりハンドワイヤード、音の立ち上がりが速い!ピッキングに対してアンプの音がグイグイ食いついてきます!!マーシャルらしいミッドレンジのクセが心地よく、弾いてて非常に気持ち良い!!
最初とは全く別物のアンプに仕上がりました。

1959、1987、bassman、その他リイシューアンプのハンドワイヤード化モディファイも受付けておりますのでご相談下さい。

Marshall 1959 Master Volume増設

マーシャル1959  76年製アンプのメンテナンスとマスターボリウム追加モディファイを行いました。

6550仕様のアンプでしたので、EL34仕様に回路定数を変更。このアンプは大音量になるまでボリウムを上げないと本来の歪みが出てきません。歪みを保ったまま音量を落とせる様にPPIMVタイプのマスターボリウムを追加しました。

img_2510
コレで自宅でも楽しめます。

更にオーナーさんのご希望でパッチケーブル無しでチャンネルリンクが出来るようにインプット回路を変更、内部リンクしました。

真空管のチェックと内部の各電圧などをチェック、シャーシに粉のようなカビ?が発生してたので、磨いて落としピカピカに生まれ変わりました。

img_2511

さすがオールドマーシャル、非常に良い音がしますね!

追加したマスターもシッカリ歪みを保ちながら音量を絞ってくれています。

古いアンプはシッカリとメンテナンスをしてあげると生まれ変わります。最高に気持ち良いアンプに仕上がりました。

JCM2000 パワーアンプ回路 ハンドワイヤード化モディファイ

今回は大がかりな修理&モディファイを行いました。

image

マーシャルJCM2000、このアンプの初期1997-2002年に製造された個体は基板の造りが悪く、年数が経つと基板内でリークを起こし、アンプが不安定になりヒューズが飛んだり、真空管が赤熱したりとトラブルが多いようです。

今回修理した2000もバイアスが不安定でヒューズが飛んでいました。またパワーアンプ回路でもリークが起きているようです。

そこでメイン基板を切断し、パワーアンプ回路&電源回路を切り離し、パワーアンプ回路をハンドワイヤードで組み直しました!
切り取ったプリアンプの基板はそのまま使います。

image

電源回路とバイアス回路をPoint to Pointで作り直し。パワーアンプ回路はハンドワイヤードで作り直し。

image

コレを組み合わせ、更に元々のプリアンプ基板を組込み、各配線を行いました。

image

image

動作チェックもOK!
バイアス調整を行い、少し長めに8時間のランニングテスト!
動作も安定してます!

image

試奏してびっくりしましたが、主要部をハンドワイヤードで組み直しただけあって、音も太く艶やか!ジューシー!それでいて各チャンネル毎の音色の違いも楽しめる、最強のアンプに生まれ変わりました!

またJCM2000をお持ちで、同じようなトラブルでお困りの方は同様のモディファイを行います。ご相談下さい。

デュアルレクチ LED&パイロットランプ点滅MOD

 
メサブギー・ディアルレクチ3ch ソロヘッドのLEDモディファイを行いました。

IMG_6169_R

以前の作業ブログを拝見いただき、ヘッドキャビネット内に青色テープLEDを組み込む、ブルーレクチ化のご依頼をいただきました。

IMG_6177_R

またお客様のご要望で、パイロットランプを青色LED化し、スタンバイ状態で点滅、動作状態で点燈となるような回路を組み込みました。
※ディーゼルのハーバートアンプをイメージ。

その他にチャンネルランプ3箇所、フットペダルランプ5箇所の青色LED化を行いました。

またサウンド面でのご相談を受けましたので、真空管テスターにて現状管の状態をチェック。

IMG_6152_R

パワー管、整流管はまだまだ使えそうでしたが、プリ管5本がかなりヘタっていたため真空管の銘柄をご提示し、プリ管の交換を行いました。

半日エージング後に音出しチェックをしたところ、音のハリも良く輪郭のしっかりとした音に仕上がりました。

IMG_6130_R

オーナー様にも大変満足していただきました。

mesa デュアルレクチ テープLED組み込み

前回モディファイしたレクチの続きです。

メサブギー・レクチの追加改造でブルーのテープLEDをヘッド内に組み込みました。

IMG_0473_R

テープLEDに搭載されているLEDの数が60個と多く、アンプ内で電源を確保するのに苦労します。結局ヒーター用電源を整流&昇圧して作りました。

アンプシャーシにDCジャックを増設し、こちらから電源をテープLEDに送るようにします、メンテナンス時もスマートです。

IMG_0441_R

思いのほか、アンプの後側が綺麗!?なかなかい仕上がりで、オーナーさんにも満足していただけました。

IMG_0453_R

 

mesa ディアルレクチ SEND/RETURN回路 MOD

メサブギー・デュアルレクチファイアのモディファイ作業を行いました。

このアンプはとても多機能で、リレーにより、複数回路ブロックの組み合わせを切り替えできます。

IMG_5317_R

このアンプ、デフォルトではセンド/リターン回路がパラレル接続Onlyなので、出力にどうしても原音が混ざってしまいます。空間系エフェクトではそれほど支障はありませんが、コンプ系やEQを挟み込んだ場合エフェクターの効きが甘くなってしまいます。

そこで原音が混ざらないようにシリーズ接続に改造しました。

IMG_5313_R

メンテナンスも兼ねて、真空管のチェック、バイアスチェック、POT&ジャックのクリーニングなども行いました。

当初予定の改造は完了しましたが、オーナーさんのアイディアで追加で面白い事をする事に!出来上がりが楽しみです。