「アンプ・修理」カテゴリーアーカイブ

Blues Junior mod&定番・弱点修理

Blues juniorのモディファイを行いました。

またそれと同時にBlues jrでよく発生する不具合症状が出ていたので、こちらも合わせて修理しました。

こちらの個体、パワー管の熱により基板のプリントパターンのランドがめくれてグラグラの状態になっています。。。

IMG_2991

Blues jrはパワー管ソケット自体がシャーシに固定されておらず、ハンダだけで持たせている為、この部分に力が掛かりこの不具合症状がよく発生します。

こうなるといくらハンダをやり直しても意味がありません。

そこで不具合部分を切除。

この部分だけハンドワイヤードで組み直します。

音質やノイズ面も考慮して配線を取り回します。。。

音も力強くダイレクトになり、オーナー様にも大変喜んで頂けました。

 

またオーナー様のブログでBlues jrのBias調整方法と初段の真空管交換による音質変化を詳しく解説されています。

https://ameblo.jp/lunpa3/entry-12674657286.html

Blues junior を所有される方は非常に参考になると思います。

是非ご覧ください。

Princeton Reverb (AA1164) 修理 オーバーホール 改造

Princeton Reverb (AA1164)のオーバーホール作業を行いました。

こちらは65年頃の非常に綺麗なブラックフェース個体になります。

製造から50年以上経過した貴重な個体ですので、なるべくオリジナル部品を残す方向で作業をします。

しかし音に直接影響してくる電解コンデンサ等の消耗品は状態を確認しながら交換しました。

メインの大型電解コンデンサも以前に交換された跡があり、すでに20年以上経過している為、このタイミングで良質な物に交換しました。

シャーシのアース接点も丁寧にクリーニングしてから取付。

ポットも大きなガリが発生していたので、一度分解して無水エタノールにてクリーニングしました。

 

<<<ここからはモディファイの内容になります>>>

・スタンバイSW増設

元々Princeton Reverbはスタンバイスイッチがありませんので、真空管への負担が大きくなります。。。

そこで元の電源SWを取外し、その位置へ3WAYタイプのスイッチを取り付けました。

これにより、、、

“OFF”ー”STANDBY”ー”ON”

を切替が可能になります。

リハ休憩中や本番前にスタンバイ状態で待機できるので非常に重宝しますね。

・Bias調整トリマ取付

こちらはパワー管を最適動作させる為に必要になります。

また最終的な音質調整の際にも重宝します。

 

・トレモロ強化モディファイ

元々少し効きの弱いトレモロを強化しました。

あまり強くすると元々の味わいを損ねてしましますので40%程度の強化としました。※この部分はお好みに合わせて調整可能です。

音出し確認、オーナー様にも大変喜んで頂けました。

 

同様のモディファイやメンテナンス、リイシューPrinceton Reverbのモディファイ、ハンドワイヤードも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

H&K Triamp Mk2 ネオン管 修理&MOD

H&K Triamp Mk2 ネオン管トラブルでお困りの方

Triamp Mk2のネオン管が割れた、、、
ある時から点灯しなくなった、、、
片側だけしか点灯しない。。。
などなど年数の経過したTriamp Mk2ではよくあるトラブルです。
正常時の青い輝きが美しいだけに、点灯しないと非常に気になりますね。
純正のネオン管は入手が非常に困難で高額になります。。。
そこでテープLEDによる修理&モディファイ・改造を行います。
アンプ内部にLED専用の電源回路を増設し、シャーシ部分に12V DC出力ジャックを取付けLEDに電力を供給します。
オリジナル同様、電源SWオンと同時にテープが点灯します。
<Triamp MkⅡテープLEDモディファイ ¥20,000(税抜・部品込)>
・テープLED組込
・電源回路 組込
※フルカラーLEDとコントローラーを使用し、リモコンでカラフルな動作を設定する事も可能です。

詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

Carvin VL2100 修理

Carvin VL2100 の修理を行いました。スティーブ・バイ・シグネイチャーです。

全てのチャンネルでガサガサと言ったノイズが発生するとの事。。。

中を開けて驚いたのがこちらのアンプ、純正で出力にマーキュリー・トランスが載ってますね。コダワリを感じます。

inputに信号を入れながらノイズの原因を調べます。ある抵抗が劣化していてノイズ源となっていました。

各真空管の状態もテスターでチェック。まだまだ使える状態なので球はこのままいきます。

各部のメンテナンス、最後にバイアス調整をして完成です。

このアンプはch2が歪まず使いにくいというレビューをよく目にします。
回路的に見ると、ch2のDRIVEは”10”の位置から少しづつ下げて作ると音作りしやすいと思います。

またch3のPRESENCEは通常のアンプと異なり、ハイカット回路になっているので、こちらも”10”から下げて作ると良いと思います。

ご参考までに。

Koch Supernova6060 修理

Koch Supernova 6060ヘッドアンプの修理を行いました。

このアンプは少し変わってて、出力回路が2つあり、60W+60Wのステレオ出力仕様になってます。つまり常にキャビを2個繋げて使用します。

故障の内容はメイン、ハイテンションヒューズが飛んでしまうとの事。。。

内部のチェックをしていくと、パワー管が一本ダメになっているのを発見しました。

各部内部電圧をチェックし他に異常がない事を確認、パワー管の劣化によるショートと判断、新しいパワー管に入れ替えて動作確認、OK!

マスターボリウムにガリがあったので、ポットをクリーニングしました。それにしても5ch仕様のアンプはツマミが多いです。
ポットクリーニングのために、ツマミを全て外して、基板を2枚外しました。

真空管ソケット、ジャック類のクリーニングをして新品の真空管をセット、2時間動作後に再度bias調整をし、6時間のランニングテストをして完成です!

さすがステレオアンプですね。

独特の奥行き感があります!内蔵リバーブのかかりも非常に心地よく、ステレオ仕様の理由がとてもよくわかります。

Peavey Classic50 修理

Peavey Classic50 4発コンボアンプの修理を行いました。

こちらのアンプは「3日後にライブで使いたい!」との事で、急ぎで修理を行いました。

故障の症状というか原因は、、、EL84出力管ソケットに間違えて12AX7を挿して電源を入れてしまったとの事。
その為、高圧のB+電源部の抵抗が燃えてました。

ここを適正なモノに交換、さらに真空管ソケットピンを念入りにクリーニング、内部基板のクリーニング、さらに全てのコネクタ部を無水エタノールで洗浄。

各部の内部電圧をチェックし、6時間ほど音出しランニングテストして修理完了です。

このアンプ、部品はそんなに高価なものは使って無さそうですが、なかなか音が良いです!ビックリしました。回路設計が良いのかな?

オススメのアンプです!

イタリア製アンプ Brunetti XL R-EVO故障修理

イタリア製ギターアンプ Brunetti XL R-EVOの修理を行いました。 ヘッド下に1Uのラック取付穴もあって、ヨーロッパでは人気のアンプのようです。

演奏中に音量がガクッと下がってしまうとの事。。。

内部基板を確認すると、メイン平滑コンデンサの頭が膨らんでいるのが確認できたので、オーナーさんに説明の上、「このアンプを永く使いたい」との事でしたのでこのタイミングで全て新品に交換する事にしました。その他、バイアス回路のコンデンサ類も交換。

真空管ソケットが基板に直接はんだで固定されているタイプだったので、補強のため各基板のハンダをやり直しました。

各部クリーニング後に、バイアス調整、3時間のランニングテストをして完成です。

このアンプメチャメチャ歪みます!しかもとても音が重い!オーナーさんはブギーのレクチに近いかも?と言っていましたが、いやいやもっともっと!KRANKに近いレベルで重く歪んでくれます。マスターボリウム横のDEPTHツマミをまわすとモリモリと扱いきれない程の低域が湧き出てきます。ダウンチューニングや7弦ギターの方は一度弾いてみる価値があると思います。

KRANK KRANKENSTEIN 修理

KRANK KRANKENSTEINの修理を行いました。

このアンプは泣く子も黙る、ダイムバック・ダレルのシグネイチャーモデル。

オーナー様曰く、中古で購入した時からノイズが多かったのですが、数ヶ月前に膝くらいの高さから誤って落としてしまい、より一層ノイズがひどく音圧も下がってしまったとのこと。。。

確かに落下させた形跡が見られます。

受入チェックの段階で、ゲインを上げていくとある時点から激しく”発振”のような症状が発生し、パワーがガクッと落ちてしまします。

発振・ノイズを抑え込む方向で作業を進めました。

真空管テスタでチェックするとハイゲインチャンネルのプリ管3本が激しく消耗していました。初段にノイズに強いタイプの真空管を入れます。

メイン基板のハンダを修正します。落下の経緯があるので真空管ソケット、その他のハンダも修正。

更にシールド線が無駄に長く、発振・音質劣化の原因になるので短く作り直しました。更に各グランド配線もキチンと接地されているか全て確認。

<BEFORE>

<AFTER>

これで大分ノイズ、発振もおさまりました。

こちらのアンプ、基本回路はほぼREVOLUTION1ですが、最終段で更にゲインを約4倍に持ち上げています。KRANK KRANKENSTEINのマニュアルで面白い記述を発見しました。

「常にマスターボリウムよりチャンネルボリウムを下げてください」

元々チャンネルボリウムを上げすぎると発振しやすい回路なのかもしれません。。。

各部のクリーニング、真空管ソケットクリーニングをして、バイアス調整、6時間のランニングテストをして修理完了です。

オーナー様にも大変喜んでいただきました。ありがとうございます。

一点、こちらのアンプのpresenceは一般的なアンプのpresence回路と異なり、下げ過ぎると出力も下がってしまい、音抜けが格段に悪くなります。出来るだけ上げる(5−8くらい)と音作りしやすいかもしれません。

ご参考までに。

KRANK Revolution1 修理

KRANK Revolution1の修理を行いました。

オーナー様曰く、このアンプは中古で手に入れた時から、ゲインが上がらず音量がとても小さいとの事。。。

まずは真空管テスターにて各真空管をチェック。プリ管4本のうち3本はかなり激しく消耗していました。

さらに回路を追っていくと、リアパネル基板のジャックスイッチ接点が甘く、ゲインが落ちているのを確認しました。純正のNEUTRIKジャックを全て新品に交換。

またインプットジャックのアース接点が悪く、ジャック差込時にガリが出てたのでここも修正しました。

オーナー様のご要望で、プリ管4本全て新品に交換。
各部クリーニング、真空管ソケットのクリーニングを行い、バイアス調整、6時間のランニングテストをして修理完了です。

真空管も新品のためゲインもしっかり上がり、低域が分厚く非常に心地よいです。ついついザックザクのリフを刻みたくなりますね!

BLACK STER 修理&モディファイ

BLACK STAR S1-100の修理及びモディファイを行いました。

スタジオ使用中に突然音が出なくなってしまったとの事。。。

真空管テスタで一本づつチェックすると、パワー管が一本飛んでしまってました。

出力管をTAD EL34B 4本マッチドに交換です。

このアンプ、電源オンと同時に、パワー管のプレート、スクリーングリッドに500V近い高圧がかかります。スタンバイオンのタイミングで適正バイアスがかかる仕様のようです。

このままだと新品のパワー管にかなり負担がかかりそうなので、スタンバイオンのタイミングでプレート、スクリーングリッドに高圧が掛かるように変更しました。

新品の真空管なので、仮バイアス調整して音出し。

2時間後に再度バイアス調整をして、6時間の音出しランニングテストをして完成です。

出音もいい感じです!!