active pg のすべての投稿

銀パネ Twin Reverb 135W オーバーホール作業&基板交換

銀パネTwin Reverb 135Wの修理を行いました。

こちらのアンプはパワーアンプ回路にウルトラリニア方式を採用した、ギターアンプとして珍しいモデルとなっています。また内部電圧が従来のFender と比べてかなり高く、プレートに500V以上の電圧をかける事により135Wの高出力を引っ張り出しています。

この個体はハムノイズが大きく、また各ポットのガリも酷く音量が安定しないと言ったご相談です。

作業に入ると、以前のオーナー様が接点復活材?らしきものを吹き付けた後があちこちに見られます。。。真空管のソケットにもべっとり入っていたので、無水エタノールで汚れが出なくなるまで辛抱強く拭き取りました。

 

ポット内にもべっとり。こちらも無水エタノールでクリーニングします。

 

ポットの抵抗値をチェックしてくと本来250KのはずのTrebelポットが431Kと倍近くまで上昇しています。

 

なるべくオリジナル部品を残したかったので、問題のあるカーボン部のみを新品のCTSポットから外し、組み込みました。

 

ここで更に大きな問題が発覚!

なんとメインのファイバー基板で電流がリークしているのが見つかりました。これも接点材を吹き付けた結果、基板にも染み込んで絶縁が低下したと思われます。。。ここでオーナーさんにご相談、基板を作り直す運びとなりました。

全ての配線をメモし、一本一本配線を外していきます。ハンダゴテで被覆を痛めないようにするため、周囲の配線に銅箔を巻きつけて保護しながら作業を進めます。

更に一つづつ丁寧に部品を外し、端子を無水エタノールで磨き上げます。(上が旧基板、下が新基板)

また元々バラバラだったフィルムコンデンサの向きをキチンと合わせて組み込みました。基板のリークもバッチリ解消です。

電解コンデンサも経年劣化で膨らみが見られます。

こちらも全てドイツF&T製品へ全て交換しました。

6時間程度のランニングテスト後に不具合箇所がないか再度チェック。最後にBias調整(Bias調整トリマも増設)をして完成です。

今回はオーバーホール以上の内容になりましたが、そのおかげかブリンッとした音の太さと低域の落ち着き、しっかりとした押し出し感があり、非常に心地よいアンプに仕上がりました。元々少しハイ上がりな個体でしたが、メンテナンスで程よい鈴なり感になりました。メンテ前とは比べ物にならないほど素晴らしい音に仕上がりました。

オーナー様にも大変喜んでいただけたようで、頑張った甲斐がありました。

スプリング式リバーブ増設

「手持ちのアンプにリバーブを増設したい・・・」

「デジタルではなくスプリング式の自然なリバーブが良い・・・」

そんなお客様のご要望に応える為に考えました。

 

 Bassman、champ、etc…などにリバーブを追加します。

「とは言っても出来るだけオリジナル回路、構成を変更したくない・・・」

こちらは電源トランス、リバーブトランス、真空管を追加せずにスプリング式リバーブを追加するモディファイとなります。

・トランス類の追加なし

・真空管の追加なし

・スプリングリバーブユニットを増設

・リバーブツマミを増設

 

上記は66年製 BF BASSMANにスプリングリバーブを増設した例です。

EXTスピーカージャックを取り外し、そこにリバーブPOTを取り付けました。

詳細はお問い合わせください。

ZOOM MS-50G 外付けフットSW作製

ZOOM MS-50Gのストンプ切替(横移動)を外付けのフットSWにてコントロールできるようになります。

<モディファイ内容>

・MS-50G本体モディファイ

・専用フットSW作製(筐体は写真と異なる場合があります)

 

<オプション>

作製したフットSWをBOSS MS-3LINE HX Stompでも使用可能にする切替トグルSWを追加することも出来ます。

詳細はお問い合わせください。

JCM2000 DSL ハンドワイヤード・モディファイ

2003年製のJCM2000 DSLの修理を行いました。

初期(2003年まで)JCM 2000はメイン基板の絶縁性に問題があり、パワーアンプ回路が不安定な個体を多く見かけます。

今回修理を行なった個体も、修理スタンプを見ると半年に1度のペースでリペアが行われていたようです。おそらくパワー回路でリークが発生して突然ヒューズが切れることが頻発していたと思われます。また懸命なリペアの後も散見されます。。。

当店に持ち込まれた時点では基板部分が黒く焦げて、ショートを起こしメインFUSEが切れていました。。。

メーカーより、上記不具合の対策済み基板が出てますが、当然それなりに高価になります。

そこで不具合のあるパワーアンプ回路を切除して、パワーアンプ部をハンドワイヤードで作り直す事により、安定性と更なる音質UPを狙ったモディファイを行いました。

※上がハンドワイヤード組込後、下が問題のパワーアンプ基板部

電源部の電解コンデンサ類も全て交換し、実質的にオーバーホールの内容となっております。

JCM 2000(前期)のトラブルでお困りの方はご相談ください。

Hot Rod Deluxe MOD

Fender HotRod Deluxeの大規模なモディファイを行ないました。

元々低域成分が多く、モリっとしていて抜けきらない印象のノーマルch。部品の変更、定数の変更、回路の変更など大幅なモディファイを行ないFenderらしい煌びやかなクリーントーンを楽しめる様にしました。

ノーマルチャンネルに付いている”Bright SW”“FAT SW”に変更し、ナチュラルドライブ時に太いリードトーンを引っ張り出せます。

またドライブchもオリジナルではミッドハイに引っ掛かりがあり抜けきらない印象です。こちらは滑らかで且つ荒く焦げ付く様な歪み感が得られる様に調整しました

更にリバーブ音もピチャピチャと高域成分がいやに耳につく為、リバーブの高域成分だけを微調整し暖かい自然なリバーブ感となる様に致しました。

 

ここからは自宅で楽しむためのモディファイです。

ノーマルchはワンボリウムの為、ナチュラルな歪みを得るにはかなり大音量まで上げなければいけません。

またドライブchMASTERツマミ12でかなり音量になってしまいます。

そこでアッテネータの様に効くATT VOLPPIMV式マスター)を組み込み、ナチュラルな歪みが小音量で得られるようにしました。取付はスタンバイスイッチの位置に決定。

スタンバイスイッチの機能は電源スイッチを3WAY化し、『電源OFFー電源ONースタンバイON』となる様にしてあります。

ノーマルchの煌びやかなクリーントーン、VOLUEMを上げていくとナチュラルな真空管オーバードライブ、更に“FAT SW”をオンにする事により太いリードトーン。そこからギターのボリウムを絞ると手元でクリーンからドライブまでをコンロール出来るオールドアンプ特有の操作感。

ドライブchではハムバッカーとの相性もよく、焦げ付く様な深い歪みを手軽な音量で楽しめます。

オーナー様にも大変喜んでいただけました。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

VOX V847 半止め “Fixed Wah”モディファイ

マイケルシェンカー、B’z松本氏の使用で有名な・・・

ワウを中間位置で半止めして、ミッドハイを強調した独特の音を毎回手軽に出せないか?と考えて通常のワウに“Fixed Wah”機能を追加するモディファイを行いました。

Fixed Wah を実現する単体エフェクターは何個か販売されていますが、お気に入りのワウにこの機能を追加します。(Crybaby,v847,etc…)

トグルSWを“NORMAL”モードにすると通常のWahとして使用できます。

トグルSWを”FIXED  WAH”モードにすると半止めモードになり、ツマミで設定した周波数で固定されます。(ペダルを上下しても音の変化なし)

エフェクターのON/OFFが判別できるようにLEDを増設してあります。エフェクトOFFでは消灯、NORMALモードでは“青”、FIXEDモードでは“赤”に点灯します。

<NORMALモード>

<FIXED WAH モード>

Crybaby mini モディファイ

可愛いらしい見た目で大人気のCrybaby mini のモディファイを行いました。

モディファイ内容は下記です。

  • 青色LED取付
  • 内部配線変更(BLEDEN8503)
  • ジャック交換x2(スイッチクラフト)
  • 内部ヴォイシングスイッチをトグルスイッチにて外出し

こちらのWahは元々トゥルーバイパスとなっております。ですのでより実践的なモディファイを行いました。

元々のプラ製ジャックをより耐久性の高いスイッチクラフト金属製ジャックへ交換。

内部に収められているボイシングスイッチを筐体右側面にトグルスイッチ化して取付、気軽にボイシングを選べるようにしました。

可愛らしく実用的なワウに仕上がりました。

Blues Junior MOD (on Mercury Trans)

Blues Juniorのモディファイを行いました。

こちらのアンプはMercuryトランス(FBLJR-O、FBLJR-P/100)が載っています。

モディファイ内容は下記です。

<BJr MOD基本3点>

  • スタンバイSW増設
  • Biasトリム追加
  • 音質改善

<オプションMOD>

  • Presenceツマミ増設
  • ジュエルランプ交換
  • INPUTジャック交換
  • オーバーホール(電解コンデンサ・ダイオード交換)
  • ポット交換(ナット固定式へ)

◎メニューはこちら

ポットをナット固定式に変更しガッチリとした操作感に。またそれに伴いノブをお好みの赤色でセットしました。

どっしり安定した低域と非常に倍音豊かな高音のバランスが心地よく、素晴らしいトーンに仕上がりました。またプレゼンスの効きも良く、状況に合わせて音抜けをコントロールできます。

オーナー様にも大変喜んで頂きました。

Blues Junior モディファイ

修理やメンテナンスで度々持ち込まれるFender Blues Junior。

15Wと小出力のコンボアンプながらフルチューブで、自宅からスタジオ&BARライブまでをカバーしてくれる頼もしい一台ですが、オリジナル状態ではいくつかの欠点があります。この欠点を補い更にワンランク上の音質へアップグレードを行うモディファイを行いました。

>>>モディファイ内容・料金はこちら

1.スタンバイSW増設

真空管アンプに必須のスタンバイスイッチ。Blues Jrには元々スタンバイスイッチが無く、真空管が暖まる前に管内に高い電圧がかかってしまい真空管を痛める原因となっています。従来のアンプ同様にスタン バイスイッチを増設します。本番前やちょっとした休憩時などにも、スタンバイスイッチが重宝します。

このモディファイはオリジナルの電源スイッチを外し3WAYスイッチに交換して、電源OFF電源ONスタンバイONを切り替えられるようにします。

2.Bias調整トリム増設

Blues Jrは元々Bias調整ができない仕様になってます。更にデフォルトではBias設定値が厳しくパワー管が酷使されて消耗も早くなります。「パワー管を 新品に入れ替えたのに1、2年でダメになる」のはこのためです。またフルアップ時の歪み方も”ベチャ”とした潰れた感じになってしまします。これを最適値に調整できるようにBias調整トリマを追加します。

3.音質改善モディファイ

耳に痛いハイを和らげミッドを太く抜けの良い音に、また不足気味なローを補いどっしり と落ち着いた音質に仕上げます。このモディファイによりBlues Jrの音が劇的に変化します。自宅でもずっと弾いてしまいたくなるほど小音量から心地よいサウンドです。ワンランク上のアンプの音をこのモディファイで可能にします。

4.Presenceツマミ増設

パネルに穴あけ加工し、Presenceコントロールを増設します。Trebleよりも更に高域をコントロールし、ダークなブルースサウンドから煌びやかな鈴鳴りサウンドまでをカバーします。

5.トーン・キャラクタ切替スイッチ増設

トグルスイッチによりアンプのトーンキャラクターを切り替えます。従来のトーンはそのままに、Deluxe Reverb (BF)のトーンを追加します。クリーンでの鈴鳴りトーンをご堪能いただけます。

TW・・・ミッドレンジが太くよく歪むサウンド(元々の音)

BF・・・ハイが煌びやかで鈴鳴りのクリーンサウンド

6.パイロットランプ交換

元々のLEDパイロットランプをビンテージスタイルのジュエルレンズタイプに交換します。色は(赤、青、緑)から選べます。同時にパイロットランプのLEDも同色に変更します。※LEDレンズは全方位がムラなく光るように特殊処理を施してあります。

7.INPUTジャック交換

元々のプラスチックタイプの入力ジャックを定番のスイッチクラフト金属製ジャックに交換します。シールド抜き差し時の”ガチッ”とした手応えと、ビンテージ・フェンダー ライクな見た目が美しくなります。

8.電源コンデンサ交換・オーバーホール

製造より年数が経過したアンプには電解コンデンサの交換が有効です。ブーンというハム・ノイズが気になる、音に元気がない、低域がイマイチ。そんな時には電源部・電解コンデンサの交換が効果的です。ドイツ製高品質・電解コンデンサを使用し、さらなる音質アップを狙います。整流ダイオードも同時に交換します。

9.ボリウムPOT交換(6箇所)

純正のツマミがグラグラして操作性が悪い・・・ボリウムガリがひどくポットを交換したい・・・

6箇所のポットを従来の”パネル固定式”のポットに交換します。ノブも同時に交換するので、お好きな色をお選び頂けます。

 

詳細はTEL、メールにてお問い合わせ下さい。

>>>モディファイ内容・料金はこちら

 

1987Xリイシュ モディファイ

Marshall 1987Xリイシュのモディファイを行いました。

モディファイ内容は下記を行いました。

  • マスターボリウム増設(TYPE A + B)
  • 回路変更(72年回路へ変更)
  • コンデンサ交換(マスタードレプリカ)
  • CH1+CH2 内部チャンネルリンク
  • 5881からEL34へ出力回路の変更

オリジナルのコンデンサを外し、ドイツ製マスタードレプリカへ載せ替え。これだけでもミッドレンジに独特のクセが出てて、オリジナルの雰囲気へかなり近づきます。

「よく歪むようにしたい」とオーナー様のご希望でしたので72年頃の歪みの強い回路に変更いたしました。

そしてPPIMV式マスターボリウムと通常のマスターボリウムを追加しました。

TYPE BのPPIMV式マスタボリウムは歪みを保ったままアッテネータの様に効いてくれます。自宅やバンドアンサンブルで非常に効果的です。

またTYPE Aの通常マスターボリウムは”VOLUME”ツマミと合わせて歪み量や音色を細かくコントロールできます。

両コントロールとも使わない時はPUSHするとボリウム回路を完全にバイパスすることができるので音質劣化がありません。

更にCH1とCH2をチャンネルリンクで使用されるお客様からご要望の多い、”内部リンクモディファイ”を行いました。

通常チャンネルリンクを行う時は、CH1のHIにギターをINPUTしCH1のLOWからCH2のHIにパッチケーブルを繋ぎチャンネルリンクをします。しかしこれだとCH1の音が劣化してしまうのは皆様もご存知だと思います。

その対策としてY字ケーブルを使用してCH1のHIとCH2のHIにINPUTします。しかし自分好みのY字ケーブルがなかなか見つからず悩んでいる方々のために、内部ジャック端子を直接リンクするモディファイを行なっております。

このモディファイでは常時CH1とCH2がミックスされます。ですのでCH1にINPUTすれば両チャンネルのコントロールが効いてくれます。

最後に1987リイシュには出力管が5881仕様のものが多くあります。これを単純にEL34に差し替えてbias調整しただけでは本来の音になりません。それどころか熱暴走をして大切な真空管を壊してしまう恐れがあります。キチンと出力回路をEL34仕様にする事が望ましいと考えております。

ご参考までにどうぞ。