Blues Junior モディファイ

修理やメンテナンスで度々持ち込まれるFender Blues Junior。

15Wと小出力のコンボアンプながらフルチューブで、自宅からスタジオ&BARライブまでをカバーしてくれる頼もしい一台ですが、オリジナル状態ではいくつかの欠点があります。この欠点を補い更にワンランク上の音質へアップグレードを行うモディファイを行いました。

>>>モディファイ内容・料金はこちら

1.スタンバイSW増設

真空管アンプに必須のスタンバイスイッチ。Blues Jrには元々スタンバイスイッチが無く、真空管が暖まる前に管内に高い電圧がかかってしまい真空管を痛める原因となっています。従来のアンプ同様にスタン バイスイッチを増設します。本番前やちょっとした休憩時などにも、スタンバイスイッチが重宝します。

このモディファイはオリジナルの電源スイッチを外し3WAYスイッチに交換して、電源OFF電源ONスタンバイONを切り替えられるようにします。

2.Bias調整トリム増設

Blues Jrは元々Bias調整ができない仕様になってます。更にデフォルトではBias設定値が厳しくパワー管が酷使されて消耗も早くなります。「パワー管を 新品に入れ替えたのに1、2年でダメになる」のはこのためです。またフルアップ時の歪み方も”ベチャ”とした潰れた感じになってしまします。これを最適値に調整できるようにBias調整トリマを追加します。

3.音質改善モディファイ

耳に痛いハイを和らげミッドを太く抜けの良い音に、また不足気味なローを補いどっしり と落ち着いた音質に仕上げます。このモディファイによりBlues Jrの音が劇的に変化します。自宅でもずっと弾いてしまいたくなるほど小音量から心地よいサウンドです。ワンランク上のアンプの音をこのモディファイで可能にします。

4.Presenceツマミ増設

パネルに穴あけ加工し、Presenceコントロールを増設します。ツマミをMinまで回し切るとNFB(ネガティブフィードバック)がカットされて、より荒々しいサウンドになります。

5.トーン・キャラクタ切替スイッチ増設

スイッチによりトーンキャラクターを切り替えます。

TW・・・ミッドレンジが太くよく歪むサウンド

BF・・・ハイが煌びやかで鈴鳴りのクリーンサウンド

6.パイロットランプ交換

元々のLEDパイロットランプをビンテージスタイルのジュエルレンズタイプに交換します。色は(赤・青・緑)から選べます。同時にパイロットランプのLEDも同色に変更します。※LEDレンズは全方位がムラなく光るように特殊処理を施してあります。

7.INPUTジャック交換

元々のプラスチックタイプの入力ジャックを定番のスイッチクラフト金属製ジャックに交換します。シールド抜き差し時の”ガチッ”とした手応えと、ビンテージ・フェンダー ライクな見た目が美しくなります。

8.電源コンデンサ交換・オーバーホール

製造より年数が経過したアンプには電解コンデンサの交換が有効です。ブーンというハム・ノイズが気になる、音に元気がない、低域がイマイチ。そんな時には電源部・電解コンデンサの交換が効果的です。ドイツ製高品質・電解コンデンサを使用し、さらなる音質アップを狙います。

詳細はTEL、メールにてお問い合わせ下さい。

>>>モディファイ内容・料金はこちら

 

1987Xリイシュ モディファイ

Marshall 1987Xリイシュのモディファイを行いました。

モディファイ内容は下記を行いました。

  • マスターボリウム増設(TYPE A + B)
  • 回路変更(72年回路へ変更)
  • コンデンサ交換(マスタードレプリカ)
  • CH1+CH2 内部チャンネルリンク
  • 5881からEL34へ出力回路の変更

オリジナルのコンデンサを外し、ドイツ製マスタードレプリカへ載せ替え。これだけでもミッドレンジに独特のクセが出てて、オリジナルの雰囲気へかなり近づきます。

「よく歪むようにしたい」とオーナー様のご希望でしたので72年頃の歪みの強い回路に変更いたしました。

そしてPPIMV式マスターボリウムと通常のマスターボリウムを追加しました。

TYPE BのPPIMV式マスタボリウムは歪みを保ったままアッテネータの様に効いてくれます。自宅やバンドアンサンブルで非常に効果的です。

またTYPE Aの通常マスターボリウムは”VOLUME”ツマミと合わせて歪み量や音色を細かくコントロールできます。

両コントロールとも使わない時はPUSHするとボリウム回路を完全にバイパスすることができるので音質劣化がありません。

更にCH1とCH2をチャンネルリンクで使用されるお客様からご要望の多い、”内部リンクモディファイ”を行いました。

通常チャンネルリンクを行う時は、CH1のHIにギターをINPUTしCH1のLOWからCH2のHIにパッチケーブルを繋ぎチャンネルリンクをします。しかしこれだとCH1の音が劣化してしまうのは皆様もご存知だと思います。

その対策としてY字ケーブルを使用してCH1のHIとCH2のHIにINPUTします。しかし自分好みのY字ケーブルがなかなか見つからず悩んでいる方々のために、内部ジャック端子を直接リンクするモディファイを行なっております。

このモディファイでは常時CH1とCH2がミックスされます。ですのでCH1にINPUTすれば両チャンネルのコントロールが効いてくれます。

最後に1987リイシュには出力管が5881仕様のものが多くあります。これを単純にEL34に差し替えてbias調整しただけでは本来の音になりません。それどころか熱暴走をして大切な真空管を壊してしまう恐れがあります。キチンと出力回路をEL34仕様にする事が望ましいと考えております。

ご参考までにどうぞ。

Mesa Mark1 修理&オーバーホール

今週はMesa/Boogie MARK1 (78年製)の修理&オーバーホールを行いました。

さすが名機、貫禄が違います。
重さも、トランス、スピーカー、キャビネット、全てにおいてヘビー級。

パワー管が赤熱するとの事でお預かりしました。原因はバイアス回路の不良。
その他リバーブ不動、アンプに振動を与えるとノイズが発生。細かい不具合がいくつかあったので、全て修正しました。

さすがに製造から40年以上経過してるので、電解コンデンサが膨らみかけてました。スライダックで低電圧からエージングを行いコンデンサを慣らします。

オーナーさんに確認の上、全て交換。このタイミングでダイオードも交換します。

中域が非常に豊かでリバーブもまさに芳醇!非常に心地よい音に包まれます。

オーナーさんも非常に喜んで頂けました。

レクチ Send/Return シリーズ(直列) MOD

メサブギー・レクチシリーズのSEND/RETURNをシリーズ(直列)接続にするモディファイを行いました。

このアンプはデフォルトではセンドリターンがパラレル(MIX)で接続されるため、MIXツマミを最大にしても、原音が少し混ざってしまいます。
空間系エフェクトでしたらそれほど問題は有りませんが、コンプ系やEQを挟み込んだ場合エフェクターの効きが甘くなってしまいます。

そこでMIXツマミをスイッチ付ポットに交換し、PULL時にシリーズ(直列)接続になるようにモディファイいたします。

PUSH時:パラレル接続(オリジナルの動作)
PULL時:シリーズ接続
既存のMIX機能をそのままにシリーズ接続が可能になります。
オーナー様にも大変ご満足していただきました。

 

JTM45 リイシュー ハンドワイヤードMOD

JTM45 リイシュー 2245 ハンドワイヤード化モディファイを行いました。

このアンプはプリント基板にて組まれていて、定数もオリジナルから変更されています。また入力ジャックから初段までの配線にシールド線が使われている為、高域をロスしてしまっているようです。

プリント基板を取り外し、配線からやり直しました。

各定数はオリジナルに忠実に、各パーツも一つ一つ出音を確認しながら厳選して組み込んであります。

暖かくもしっかりと歪み、また低域のブーミーさを程よく残しながら”バキーン”と非常に歯切れの良い音に仕上がっています。

またリアパネルに増設したPPIMV式マスターボリウムにより、しっかりと歪みを保ったまま自宅で楽しめる音量まで下げる事ができます。※マスターツマミをPULLすると、マスターは完全にバイパスされオリジナル回路となります。

スタジオやライブなどでも歪み量を変えずにバンドに求められる音量まで落とす事が可能です。

Carvin VL2100 修理

Carvin VL2100 の修理を行いました。スティーブ・バイ・シグネイチャーです。

全てのチャンネルでガサガサと言ったノイズが発生するとの事。。。

中を開けて驚いたのがこちらのアンプ、純正で出力にマーキュリー・トランスが載ってますね。コダワリを感じます。

inputに信号を入れながらノイズの原因を調べます。ある抵抗が劣化していてノイズ源となっていました。

各真空管の状態もテスターでチェック。まだまだ使える状態なので球はこのままいきます。

各部のメンテナンス、最後にバイアス調整をして完成です。

このアンプはch2が歪まず使いにくいというレビューをよく目にします。
回路的に見ると、ch2のDRIVEは”10”の位置から少しづつ下げて作ると音作りしやすいと思います。

またch3のPRESENCEは通常のアンプと異なり、ハイカット回路になっているので、こちらも”10”から下げて作ると良いと思います。

ご参考までに。

BOSS MS-3用 超小型フットスイッチ BANK UP/DOWN

先日発売されて好評のBOSS MS-3 マルチエフェクト・スイッチャー用の小型フットスイッチを作りました。

ステレオケーブル(別途)を使用して、MS-3のエフェクト・バンクのUP/DOWN等の割り当てを行えます。

 

FS-7 (幅62mm、奥行き131mm、高さ60mm)

純正アクセサリーに”FS-7”の小型フットスイッチもラインナップされていますが、コチラよりも更に小型で強固な造りになっています。

幅40.5 mm、奥行き94.5mm、高さ約45mm

UP/DOWNの極性はMS-3側で設定できるので、MS-3の右側にも左側にも配置OKです。

ステレオケーブル作製も別途行います。

<追記> LINE6 HX Stomp での動作を確認致しました。

千葉県K様より喜びのコメントをいただきました。

『製作していただいたフットスイッチですがHX Stompでも問題なく動作いたしました。小型のタイプでしっかりとした物を製作していただいたのでとても満足しております。』

ありがとうございます。

MESA STILLET EL346L6GCへ載せ替え

メサ・ブギー STILETTO 150W ヘッドアンプのモディファイを行いました。

このアンプは150W出力、パワー管にEL34を6本使用します。

オーナーさんのご希望でGT社 6L6GCに載せ替えました。

そのままでは安定して動かないので、各部定数を6L6用に変更。更にbias回路を作り変えました。

メサのアンプはbias調整出来ないものが多く、純正管をさしただけではかなりbiasが深くなります。
今回はbias調整が可能なように調整トリマを追加しました。
キッチリとbias調整をして完成です。

 

ESP ベース フレット調整

spanam ヤシ氏 ESPレリック・ベースの調整を行いました。
昔から大好きなspanamのベースをやらせて頂いてモチベーションが上がります!

ピックアップのウレタンスポンジが経年で痩せて、ピックアップがグラグラと不安定だったので、ウレタンスポンジを新品の硬めのモノに交換。

またほとんどのフレットに浮きが発生していたタメ、各フレットでビリツキが発生し、またキッチリと鳴っていない箇所も有りました。

全ての浮いてるフレットを打ち直しました。

指板溝が緩く、打ち直してもシッカリと収まってくれないフレットは1度抜いて整形し、再度打ち直しました。

前処理が終わりフレットすり合わせ。

キッチリ直線をだします。
更にフレットの頭を丸く整形し、ペーパーの番手を細かくして仕上げていきます。

最後にセットアップ。”ネックの反り”、”弦高”、”ピックアップ高”、”オクターブ”を調整して完成です!

1音1音シッカリと鳴ってくれて、最初とは見違えるほど良くなってくれました。オーナー様にも大変喜んでいただけました。

Koch Supernova6060 修理

Koch Supernova 6060ヘッドアンプの修理を行いました。

このアンプは少し変わってて、出力回路が2つあり、60W+60Wのステレオ出力仕様になってます。つまり常にキャビを2個繋げて使用します。

故障の内容はメイン、ハイテンションヒューズが飛んでしまうとの事。。。

内部のチェックをしていくと、パワー管が一本ダメになっているのを発見しました。

各部内部電圧をチェックし他に異常がない事を確認、パワー管の劣化によるショートと判断、新しいパワー管に入れ替えて動作確認、OK!

マスターボリウムにガリがあったので、ポットをクリーニングしました。それにしても5ch仕様のアンプはツマミが多いです。
ポットクリーニングのために、ツマミを全て外して、基板を2枚外しました。

真空管ソケット、ジャック類のクリーニングをして新品の真空管をセット、2時間動作後に再度bias調整をし、6時間のランニングテストをして完成です!

さすがステレオアンプですね。

独特の奥行き感があります!内蔵リバーブのかかりも非常に心地よく、ステレオ仕様の理由がとてもよくわかります。